忍者ブログ

Atashi-No-Dilemma

さやズゆにーくえヴりでぃ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

意思あるウェーブ







駅に入る。其処は、あらゆる感情で埋め尽くされている。苦しくなるくらい、沢山の意識が飛び交う。
改札を抜ける。電車に乗り込む。あたしは電車があまり得意ではない。目線のやり場に困る。けれど人間観察は好き。が、人間は苦手。矛盾。人間という生き物は、実にカラフル。というか、その色は、時と場合によって変化するわけで。だからやっぱり苦手。でもあたしだって、何らかの色をしっかりと帯びているというのに。矛盾。


街に出る。二度と会わないであろう彼らとの、すれ違いを繰り返す。こんなにも人間は存在する。あたしはその中の一人。それを意識したとき、不思議な感じになる。と、同時に、ちっぽけになる。良い意味で。例えるなら、空を見上げたときと同じ。だってあたしはこんなにも小さい。だからあたしの脳裏にある戯言なんて、もっと小さい。そして弱い。もっと視野を広げろ。そう言われているように感じる。納得する。


会話をする。
その人の意識が、言葉としてあたしに流れ込む。あたしも流し込む。何割が真実で、何割が偽りか。それを考えると、虚しくなる。ので、やめようとする。けれどあたしだって同じじゃない。そうでしょ。そう思って、結果どうでもよくなったり、ならなかったりする。つまりあたしの深読み。
質問をされる。答える。あとから他の答えもあったことに気付く。そして大抵、そっちを言えば良かった、と後悔したりする。かなりの優柔不断。
質問をする。別に大して知りたくもないのに、質問をする。コミュニケーション。のつもり。なんだかあたしの言葉には、無駄が多い。無駄な感情が入り込む。話下手なんだよ。気を遣わないことが、上手く出来ないんだよ。だけど会話は好き。




以上、外出したときの、あたし(の中身)の一連の動き。でした。


PR

Comment

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

[07/09 まな]
[05/07 はる]
[04/15 K]
[04/08 SAYA]
[04/08 SAYA]

(01/31)
(02/02)
(02/03)
(02/06)
(02/08)

HN:
SAYA@7★air
年齢:
29
性別:
女性
誕生日:
1989/01/19

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]