忍者ブログ

Atashi-No-Dilemma

さやズゆにーくえヴりでぃ
  •  
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  •  

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

時間潰しの脳裏







道行く人を上から眺めるのが好き。あの人はこれから何処へ行くんだろう。あれは恋人同士かな。友達かな。あ、あの服かわいい。だけど何故だか、みんな幸せそうに見えて、少し切なくもなる。他人事なのに。本当の事なんて、あたしに理解るはずがないのに。なのに、幸せそうに見える。あたしは何を羨んでいるのか。



昨日、中退した専門学校に久々に遊びに行った。病院の帰りにね。そこには親友二人(だとあたしは思っている)がいて、目的はその二人に会うこと。と、元彼に荷物を返すこと。

自然だった。むしろ付き合う前より自然過ぎて。そしてその自然さが何故か心地よくって。あぁ、あたし達にはこの関係が合ってる。そう実感した。向こうはどうだか理解らないけれど。就職、決まるといいね。頑張れよ。素直にそう言った。今度飲みにいくべ。そう言ってくれた。不思議な気持ちだった。これがなんなのか、きっと理解ることはない。理解らなくていい。あたし達は、これでいい。


親友二人とは、近くのカフェでご飯を食べながら談笑。やっぱり心地いい。あたしの二つ目の居場所。この二人は似ている。強くて頼もしい。あたしとは真逆。だけど、だからこそ得るものが沢山ある。刺激を受ける。その反面、自分の弱さに嫌にもなる。けれどそれを二人は否定しない。ありがたい。この二人と出会えて良かった。たった半年間、一緒に過ごしただけなのに、あたしにはすごく大切な二人。

あたしが中退する時、二人は泣いた。あたしの前で。あんなに泣いている二人を見たのは、初めてだった。つられてあたしも泣いた。学校の廊下で、三人で号泣した。恥ずかしさなんかなかった。ただただ、あたしは幸せ者だと思った。あたしの為に泣いてくれる人がいる。あたしは幸せだ。そう思った。だからあれは、悲し涙ではなかった。その空間が嬉しかった。嬉しくて仕方なかった。


友達は自分の鏡。そんな話を聞いたことがある。果たしてそうだろうか。あたしは友達に恵まれている。あたしには勿体ないくらいの、素晴らしい友達に。あたしはそんな友達の鏡になれているのか。こんな人間なのに。


けれど、これから鏡になればいいのかもしれない。
なれる。きっと。
あたしはこの友達を、絶対に手放したくない。鏡を、曇らせたくないから。


PR

Comment

ふぅ…
  • 2009-02-28 09:15
  • edit
本当に幸せなことだ

そんな親友がいること、居心地のいい場所があること
どうしてだろうな…
すごくホッとした…
本当によかった

してオレはいつもお前の言葉に考えさせられてるょ
イイ意味でな
自分や自分を取り巻く環境…そういったものを改めて見つめなおすってゆうか…
時に深過ぎてオレには理解出来ないこともあるけど、それは人間同じじゃないから当然で…
自分なりに考えて、自分なりに答えを見つけて…そうやって以前とは違った気持ちで日々を進んでいける
さやがいるから、今のオレがいるんょ
ありがとうな

なんかコメントって言うには長すぎだなォィ…
>K
  • SAYA
  • 2009-03-02 10:07
  • edit

ありがとう…
あたしは大丈夫。居場所ちゃんとあるから
あたしは日記にいつも、思ってることをずらずらと書いてるだけだけど、それが圭一の心に少しでも響くなら嬉しいよ

CommentForm

お名前
タイトル
E-MAIL
URL
コメント
パスワード

TrackbackBlock

この記事にトラックバックする

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

[07/09 まな]
[05/07 はる]
[04/15 K]
[04/08 SAYA]
[04/08 SAYA]

(01/31)
(02/02)
(02/03)
(02/06)
(02/08)

HN:
SAYA@7★air
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1989/01/19

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]